日本の珍しい海鮮料理

日本には多様な魚料理があります。

寿司や刺身など世界的にも有名なものに加えて、ナマコ酢や塩辛といった珍味まで、さまざまな種類があります。ここでは、珍味や変わった食べ方など、少し変わった日本の魚料理の数々をご紹介します。

魚料理の豊富さにかけては世界一? 日本の変わった魚介料理

・ホヤ…赤くデコボコとしていて、南国のフルーツのような見た目のため「海のパイナップル」とも呼ばれるホヤ。あまり馴染みのないホヤも、東北地方の一部ではよく食べられています。刺し身や蒸しで食べるのが一般的です。

・ムツゴロウ…干潟を飛び跳ねながら生活するユニークな生態を持つムツゴロウも、九州の一部では食べられています。主に蒲焼きで食べられており、蛋白な味わいだとして知られます。

ヒトデ…熊本の天草地方には、ヒトデを食べる食文化があると言われています。産卵の時期に卵を持ったヒトデを捕まえ、その卵を食べるということです。卵の見た目はウニに似ていますが、生食では食べられず、茹でたり蒸したりして食べます。種類によっては毒性があるものがおり、食用になるヒトデは限られます。熊本で食べられているのはキヒトデという黄色いヒトデです。

・踊り食い…料理というよりも食べ方ですが、白魚やイカなど、新鮮な魚介を生きたまま口に入れ、動く感触も含めて味わうというものです。

これらが名産の地域に旅行をする際は、挑戦してみてもいいかもしれません。