アジ

魚を食す粋な食卓

大衆魚の王者、アジ

スポンサードリンク

大衆魚の王者、アジ

アジは、日本だけでもたくさんの種類がいます。
回遊型のアジもいれば、その土地に根付く地付きのアジもいます。


それぞれ、旬を迎えるのに大陸や沖ごとに前後しますが、
春から夏の初めの間ぐらいかと思います。




値段も安く、とても美味しい魚です。
「アジは味成り」とは、言ったものです。
アジをたくさん釣ってきたり、買ってきたりしても1週間は、
楽しむことの出来る万能な魚です。


まず、手に入れた日に干し物にするといいでしょう。
開くのは、はじめはたいへんかもしれませんが、
結構なれればスムーズなものです。


開いたら、塩水に漬けます。
塩水の加減は、魚の質や季節も左右されるので
研究する楽しみも増えます。


わたしも、いろいろ試していますが、
「出来具合が、全然違うなあ、良く出来たなあ。」と
味を噛みしめるときがあります。




手に入れたその日は、やはり刺身に限ります。
鮮度バツグンなので、ショウガじょう油でいただくと
サッパリしてとても美味しいです。


かるく酢にさらして酢の物も最高です。
2〜3日ぐらいはタタキがお勧めです。
カツオで言うタタキは、表面を焼いたものですよね。


アジの場合は、身を細かく包丁でたたき切りしたものをいいます。
なんで、そう言いかえるのでしょうね。


アジのタタキは身をお好みにカットし、
何といってもショウガとネギが決めてです。




さらに、身を細かくたたいて、なめろうを作っても
それもまた美味しくいただけます。


味噌、しょう油、ショウガ、ネギ、シソの葉などをあわせて、
継ぎ足しながら、好みの味を出し粘りがでるまでたたくと
なめろうの完成です。


酒の肴にも、ご飯と一緒にでもGoodです。
鮮度が落ちてきたら、アジのフライにするといいでしょう。




小さいアジは、南蛮漬けにすると日持ちします。

大衆魚の王者、アジ


鯖を読むこと、 サバ


縄文からの食、イワシ


右を向いてる、カレイ


潮の贈り物、 カツオ


秋を告げる、サンマ


うみの海賊、イカ




清流の王女、ヤマメ


川辺の香魚 アユ


冬の風物詩、ワカサギ


凄い手ごたえ、コイ








釣りをする魅力


素晴らしき魚料理


薬味などの野菜栽培


温泉や漁場めぐり



健康とダイエット


自然探索と山登り


旅行をする楽しみ


ネットで得る雑学




プロフィール




リンク集

TOP
大衆魚の王者、アジ
Copyright (C) 魚を食す粋な食卓 All Rights Reserved