ヤマメ

魚を食す粋な食卓

清流の王女、ヤマメ

スポンサードリンク

清流の王女、ヤマメ

ヤマメは、漢字で「山女、山女魚」と書きますが、
それは、女性的な美しさから来ています。


清流にしか育たないヤマメは、渓流の魚の中でもその美味しさは、
バツグンです。
体の側面に、青色の波紋が並びじつにその姿は、見事な魚です。


ヤマメは、夏でも、水温18度の清流にしか生息しないと云われています。
本州の関東より北側の太平洋、日本海側全域と九州の一部に生息していて、
アマゴという魚と分布されています。


最近では、放流が盛んになり、分布が乱れてきています。


普通、ヤマメは川で一生を生活しますが、中には、サケのように川を下り
海で成長し帰ってくる降海型のものもいます。
この魚は、全身が銀色になりサクラマスと呼ばれています。


ヤマメとアマゴが生息する分布域になる神奈川県と静岡県では、
混在したものもいるとされ中間的な特徴を持った魚が
釣れることがあるそうです。


肉食性の魚のため、水の中に棲む昆虫や水の中に落ちてくる昆虫など、
そのほかに、甲殻類や小魚をたべているんです。


一般的に30cmぐらいに身体が成長します。


ヤマメの産卵は、紅葉の始まるころに行われます。
水の流れの速い浅瀬で、メスが尾びれをまげながら流れの中の砂をはたき
くぼみをつくりそこへ卵を産みます。
産卵している様子を遠くから見ると川がきらきらと光りとてもきれいです。


新鮮なヤマメを岩場で、塩焼きにして食べるのはとても美味しいです。
また、田舎の旅宿で囲炉裏であぶったヤマメを山菜料理と一緒にいただくと
格別です。


生臭さがあまりないのでしょう油をたらして食べるとまた違う楽しみ方が
出来ます。


珍しいところで刺身で、食べるときには、酢味噌との相性がとってもいいでしょう。


大衆魚の王者、アジ


鯖を読むこと、 サバ


縄文からの食、イワシ


右を向いてる、カレイ


潮の贈り物、 カツオ


秋を告げる、サンマ


うみの海賊、イカ




清流の王女、ヤマメ


川辺の香魚 アユ


冬の風物詩、ワカサギ


凄い手ごたえ、コイ








釣りをする魅力


素晴らしき魚料理


薬味などの野菜栽培


温泉や漁場めぐり


健康とダイエット


自然探索と山登り


旅行をする楽しみ


ネットで得る雑学




プロフィール




リンク集

TOP
清流の王女、ヤマメ
Copyright (C) 魚を食す粋な食卓 All Rights Reserved